4月の「ミモレ農園の畑ごはん」

 

4月の「ミモレ農園の畑ごはん」は、雲ひとつない晴天に恵まれ、ほうれん草やキャベツ、大根にチンゲン菜を収穫しました。「根と葉のクイズ」でお野菜を視覚で捉える事からはじまります。「どのお野菜から収穫する〜?」私はほうれん草がいい!大根にする!選ぶお野菜も自分で選んで収穫をはじめました。そうする事でその子の主体性に繋がればと思っています。

 

 

そして実は子どもたちに収穫の方法を教えてません。以前は収穫のデモンストレーションもしましたが、子どもたちに、全身を使って自分の五感を信じて収穫してみてほしいので、今のところこの方法を選んでいます。頻繁に遊びに来てくれる子は、感覚でお野菜ごとに違う形状や大きさを識別して、自らスコップやハサミなどの道具を使い収穫してしまいます。思ったように収穫できなくても、ここどうしたらいい?って聞いてきてくれるので、丁寧に対応するようにしています。大根も大人顔負け、自分と同じぐらい大きい大根も収穫できちゃうので、凄いですよね。

 

 

 

そうしているうちに、今回はお野菜をジップロックに入れて昆布やいり粉入りの手作り浅漬けたれを注ぎ入れ、手で揉んでお漬物を作りました。その他収穫野菜を使い、具沢山のお味噌汁、豚バラ味噌炒め、和え物もいただきました。

デザートは子どもたちにサプライズの竹で焼く米粉のチョコパウンドケーキを作りましたよ!実はこれ当初竹で作るバームクーヘンの予定でしたが、前日のリハーサルでまさかの失敗、竹を回し続ける作業が案外大変で、生地がちゃんと竹に引っ付いてくれなくて…なので急遽、竹を割って節の間に生地を流し込む方法にアレンジしてみました。 とても好評で、焼き具合を見計らうコツはいりますが、また竹を使い調理したいと思います♪ 使い終わった竹も乾燥させて、次回のイベントで燃料として使用します。(←子供達、気づいてくれるかな?) こんなちょっとした事も循環型社会のはじまりだったり、サステイナブルな考え方へとつながるように感じた今日この頃でした。