11月の「ミモレ農園の畑ごはん」

11月のミモレ農園の畑ごはんでは、紅はるかと安納芋2種のさつまいも、それからキウイを収穫して、酵素ジュースを作りました。

 

晴ればれとした青い空の下、おっきなさつまいもを発見!大人が使う大きなシャベルの上に全体重をのっけて土を掘り起こしたり、芋よりも虫に夢中になって、持ってきた虫かごに入れたり。過ごし方はさまざま。掘りたい時に掘り、遊びたい時にあそぶ♪今興味があることが子どもたちにとって遊びなのですね。

芋掘りはけっこう、子どもたちにとっては根気のいる作業。シャベルで起こしてしまえばたしかに簡単なのですが、初めから自分の手でスコップを使い土を掘ったり、手で土をかきわけたり、芋を両手で力いっぱいつかんでひっぱったり。すぐには思うようにいかなくても、最後まであきらめず向き合う真剣なまなざしは、見守らずにはいられません^^

 

キウイの収穫では、棚の下にもぐり込んで「うーん!」と手を伸ばして、背伸びをして、みんな真剣。「とれた!」全身を使ってできた喜びはひとしお。採ったキウイを見て「これまだ青い!」などキウイの品評会も子どもたちの間で行われていました。

収穫のあとは、あったか~い豚汁で体をあたため、新庄村の「ひめのもち」と、今回は挑戦して「黒米」も炊きました😊もちもちしておいしい~~焼き芋をしたり、火鉢でマシュマロを焼いたりお腹いっぱい。

 

ママさんに作り方を教わりながら、おやこ一緒に酵素ジュースをつくりました。キウイとりんごは一緒にビンのなかで砂糖と交互に重ね、できあがるまで数日間のお楽しみ!おいしいジュースができますように☆

子どもたちは全力で遊びます。坂を滑り降りたり登ったり。思う存分遊んでもらえてうれしいです

みなさん、ご参加ありがとうございました!